【眼科医療機器】眼科の開業に必要なレンズメーターを比較

こんにちは、ましお.です。

今回はレンズメーターについて各社比較してみます。

購入の際の参考にしていただければ幸いです。

ましお.
ましお.

今回の記事は次のような方におすすめです。

・ご開業を考えている眼科の先生。

・ついにお持ちのレンズメーターが壊れてしまった眼科の先生。

レンズメーターは1眼科に1台は欲しい器械です。

あまり壊れることもなく、性能にも基本的に差がありません。

検討のポイントをまとめました。

  • スタッフさんの使い慣れた機種かどうか。
  • 眼鏡のPDを測れる必要があるかどうか。
  • 電子カルテに接続するかどうか。

※メーカー五十音順です

トプコン社 コンピュータレンズメーターCL-300PDL

引用:株式会社トプコンメディカルジャパン ホームページ

特徴は下記の通りです。

  • 眼鏡のPD測定が可能です。
  • 電子カルテ接続が可能です。
  • 同社で電子カルテの販売があります。

トプコン社 オートレンズアナライザーSOLOS

引用:株式会社トプコンメディカルジャパン ホームページ

特徴は下記の通りです。

  • 両眼同時の自動測定が可能です。
  • 眼鏡のPD測定が可能です。
  • 電子カルテ接続が可能です。
  • 同社で電子カルテの販売があります。
ましお.
ましお.

他社とは違うタイプのレンズメーターが発売されました。今後の普及具合が気になります。

トーメー社 オートレンズメーターTL-7000

引用:株式会社トーメーコーポレーション ホームページ

特徴は下記の通りです。

  • 眼鏡のPD測定が可能です。
  • 電子カルテ接続が可能です。

ご購入いただきました。

・トーメー社のレンズメーターを使ったことがあるスタッフがいて使い慣れていた。

ましお.
ましお.

同社での電子カルテ販売はありませんがよく見かけます。使いやすい器械なのかもしれません。

ニデック社 オートレンズメータLM-1800P/LM-1800PD

引用:株式会社ニデック ホームページ

特徴は下記の通りです。

  • 眼鏡のPD測定が可能です。
  • 電子カルテ接続が可能です。
  • 同社で電子カルテの販売があります。

ご購入いただきました。

・ニデック社の電子カルテを導入したが、今まで使っていたレンズメーターが連携できないことが判明したため購入。

ましお.
ましお.

同社の電子カルテを導入した際、ついでにご購入いただくことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA